News release ニュースリリース News release / ニュースリリース

英文レポーティングサービスのご案内

海外投資家へのIR活動でこのようなお悩みありませんか?
▼自社の英文内容が外国人に理解されているか分からない
▼改訂版コーポレートガバナンス・コードに対応したい
▼2022 年東証再編後のプライム市場を意識し、英文開示の充実を図りたい


英文IR資料をネイティブが専門家視点で改善レビュー
東証が発表している国内株式市場における売買動向によると、海外投資家の売買代金シェアは
年間で全体の 6 割以上を占めています。
海外投資家は主に英文で開示された資料を基に投資判断しますが、日本の文化的背景や
市場環境をある程度理解している国内投資家向けの内容をそのまま翻訳した内容であることが多く、
英文ネイティブが本当に企業価値を理解することが難しいケースもあるように感じます。

本サービスは国内在住かつ英文ネイティブの元外資系証券アナリスト が資料をレビュー、
海外投資家が貴社をより良く理解するための改善提案 を行うことで、
企業と海外投資家の円滑なコミュニケーションづくりをお手伝いします。


 海外投資家へ 伝わるメッセージ 
文法や論理の違いが大きい日本語と英語、両方の言語を理解する英文ネイティブが、 日本語で発するメッセージの意を汲み外国人理解を促進するレビューを行います。

 改訂版コーポレートガバナンス・コードに対応 
海外投資家との対話に資するよう、証券アナリスト経験のある担当者が改善を提案します。

  東証市場再編を見据えた対応  
最上位市場となるプライムでは、英文開示は量だけでなく質も重要な要素となります。 ESG 情報は文化・政治的背景、 IR 視点を加え、海外投資家に向け英文の質を高めます。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社 a2media メディアプロデュースユニット Global IRチーム
弊社お問い合わせフォーム